kuronekotomubi

kuronekotomubi

黒猫のウィズをプレイし始めて二年半。
突如、ブログを始めようと思い立ちました。
細々と運営したいと思います。

よろしくお願いします。


当サイトの簡単なご説明


ひょんなことからソシャゲに手を出してしまった
うだつのあがらない にこにこぷん世代が送る
「魔法使いと黒猫のウィズ」ブログです。

主だった内容は、
配布精霊デッキによるクエスト攻略と
配布クリスタルの集計。

正直なハナシ、配布精霊デッキに関しては
ブログなんかよりも優秀なサイトが多数存在するので
そちらを見ていただいた方が いいくらいです。

ただ、配布クリスタルの集計はどのサイトでも
やられていないようですので
地味にとりあげていこうかな
と思っております。

お暇でしたら、ぜひお付き合いを。


「魔法使いと黒猫のウィズ」とは


「クイズRPG」というジャンルに分類されるようです。

手持ちのカード(ゲーム内では精霊)から
最大5枚のカードを選び、クエストを進めます。
精霊はそれぞれ異なる能力を持っていますので
「5枚のカード編成」が非常に重要になります。

精霊は 「ガチャ」と「配布」により入手可能。


「配布」はイベントクリアの報酬などで手に入る
基本無料の精霊。

「ガチャ」は「クリスタル」というアイテム
を消費することにより実行できる
いわゆる「ガチャポン」のような、引くまでどの精霊が
当たるかわからない抽選システム。

「クリスタル」の入手方法は、
「課金」とイベントクリア報酬などの「配布」。

クリスタルが課金で入手可能なため、
「ガチャ」精霊は「課金」の象徴として、
「配布」精霊は「無課金」の象徴として分類されたりもします。


黒猫のウィズ と あまり課金出来ない層 と


ガチャは課金の象徴。ですが、ガチャに使うクリスタル、
なぜだかこのゲームでは、やたら配ります。
ちょっと不安になるくらい。

「多いな」ぐらいの実感はあったのですが、
それが「まさか」というほどの配布数が確認できたため
ブログを立ち上げよう、と思った次第です。

また、ゲームの性質上、配布精霊でも、
構成によっては、高い難易度のクエストでも
クリア出来てしまいます。

ちょっと とっちらかりましたが、
「魔法使いと黒猫のウィズ」
無課金者にとてもやさしく、楽しめるゲームだといえます。

デッキを組む、という性質上、
「弱いカードの組み合わせ」で攻略するというスタイルは、
ゲームの趣旨にもとても合っているので
一番ゲームを楽しんでいる、といえなくもないです。

黒猫のウィズ と 軽い分析 と


ちなみに、このゲームの「ガチャ」は
「通常」と「限定」に別れ、
当然、この限定を狙ってガチャるわけです。
肝心の「限定」の排出率はおよそ6% といわれています。

ガチャによって異なりますが、
体感的にも10%はありませんので、
そんなものだと思います。

そして、この6%という数値は、他のソシャゲと比べた場合、
高い数値のようです。他のゲームは本当に限定は出ないようです。
(正直、他はほとんどやったことがないのでわかりません。)

また、クリスタルは買うと 85個で 3700円(17年12月11日のAppleStore)
イベントなどでの月間配布数はおよそ300個。
なので、ホント課金があまり出来ない層にやっさしいゲームだな、
と、しみじみ思います。

というわけで、このブログをみて
1人でも黒猫のウィズユーザーが増えることを祈って。
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply