kuronekotomubi

kuronekotomubi

160831_1_1_R.jpg

今日でエヴァコラボも終わりです。

小生の思うエヴァの話を少し。
ちょっと長くなります。
ウィズとは全く関係のない話です。

残念ながら、管理人はエヴァ作品はひとつも
見たことはありません。

理由は何個かあって、
ひとつは放送されない地域に住んでいたこと。

もうひとつは
エヴァ以前の庵野作品に
苦い印象があるからです。

その作品とは
160831_1_2_R.jpg

そう。「不思議の海のナディア」です。

紹介するまでもなく、有名な作品でありますが。
1990年の作品なので、およそ25年前ですね。
この「ナディア」の第1話をみて思った訳です。

「まんまラピュタじゃないか!」


「不思議の海のナディア」初回

(あと魔女の宅急便)

宮崎駿フリークだった小生は
ハマりました。
こんなにオマージュに満ちた作品はない
と思ったのです。

そして見ているうちに気付きます。
「バカラブコメ じゃないか!」

というわけで、一旦見るのを止めました。

そして、しばらくしてたまたま見た回で
衝撃を受けるわけです。

「なんかわけわからないことやってる」

どの辺から再度見始めたのか忘れましたが、
特に印象に残っているのが

「不思議の海のナディア」最終回



の 12:00 頃。
このシーンを見たときのショックは
相当なものでした。

その後、20年の時を経てから
レンタルしてみるわけです。
(上記のシーンがずっと引っかかってますし)

そこで思った感想は

「退屈」

やはり、バカラブコメだったか、と。
特に中盤の本筋と関係ない時間潰しのような
話の連続は、本当に苦痛でした。

とはいえ、最終回に関しては
1991年(最終回は年をまたいでます。)当時、
こんな過激な映像を
NHKのゴールデンで流していたというだけで
この作品の価値はあると思います。

ただ、観るなら最終回だけでいいと思います。
全部見るのは本当に苦痛です。
内容はありません。
最終回を見ると全部見たくなりますが
オススメはしません。

で、エヴァのイメージは
160831_1_5.jpg
プラス『逃げちゃだめだ』
(コラボ内で画像探せませんでした)

の、繰り返しなんじゃないか、と。

その怖さから、二の足を踏んで今に至っています。


魔法使いと黒猫のウィズ ブログランキングへ
スポンサーサイト
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply